MENU

クリックすると電話がかかります
03-6413-1730

ブログ

HOME > ブログ > 腰痛 > 腰痛と姿勢の関係:世田谷区はる整骨院・整体院の腰痛ブログ

腰痛と姿勢の関係:世田谷区はる整骨院・整体院の腰痛ブログ

世田谷区はる整骨院・整体院腰痛ブログの今回のテーマは、前回すこし予告した通り腰痛と姿勢の関係についてです。

 

腰痛に関係する姿勢でお悩みなら!

梅ヶ丘駅/経堂駅/豪徳寺駅からも近く、世田谷線の山下駅からも歩いてスグの【はる整骨院・整体院】へお気軽にどうぞ!

猫背や側弯、反り腰などの腰痛に関わる姿勢改善が人気です。

当院の腰痛ページはコチラ

 

腰痛と姿勢の関係とは?

ずばり言うと【腰痛になるのは姿勢が悪いから】です。

椎間板ヘルニア性の腰痛も、筋疲労による筋・筋膜性腰痛も、高齢者の脊柱管狭窄症による腰痛も、全ては姿勢が原因となって起こります。

悪い姿勢で長い時間いることで、特定の場所(椎間板・腰椎椎体・胸腰筋膜など)に負担がかかり続けます。

数分程度ならば人間の身体は何ということもありません…

ですが、何年も繰り返されていけば様々な組織が次第に壊れていきます。

組織が脆くなっていればほんの短時間の悪い姿勢でも腰痛が現れるようになります。

前回お話した高齢者の6つの腰痛の原因疾患は全て姿勢から始まっているといっても過言ではありません。

 

良い姿勢ってどんな姿勢?

良い姿勢にしなさい!

一度は言われたことがある言葉ではないでしょうか?

ですが良い姿勢とは果たしてどのようなものでしょうか?

 

これが非常に難しいです。

筋肉の大きさ、靭帯の硬さ、関節の形、骨の形etc…

これらが一人一人違うため理想の良い姿勢は異なります。

頭の重さも違えば腕の長さも違う。

骨盤の形なども個人差が大きい。

こんな個性的な人の身体…

『これこそ理想の良い姿勢です!』なんていう万人共通の物はありません。

おおよその良い姿勢はあるにはあります(後述:理想のアライメント)。

より良い姿勢を求めるなら一人一人の身体の特徴にあわせたカスタマイズが必要です。

 

悪い姿勢ってどんな姿勢?

kendall 筋:機能とテスト―姿勢と痛みより改変引用

良い姿勢に個人差があるように、悪い姿勢にも個人差があります。

1)後弯-前弯姿勢:反り腰+猫背
2)平背姿勢:フラットバック
3)後弯-平坦姿勢:スウェイバック

等というのが有名です。

姿勢分類というのも実は複数あります。

もっともっと細かく分けたものもあります。

こういったものは専門家でないと見分けることができないのが実情です。

ネット検索で【姿勢分類】と調べて画像を見てみましょう。

驚くほど多種多様な分類をみることができて面白いと思います。

共通して言えることは背骨のS字カーブが歪になってしまっているというのが悪い姿勢という事です

 

腰痛になりやすい身体を簡単にチェック!

今日は簡単に姿勢をチェックできる方法を紹介します。

壁を使い1)~4)の順でおこないます。

1)壁に背をむけてくっつきます

2)踵を指一本分(横)程度壁から離します

3)後頭部・背中・お尻をバランスよく壁にくっつけます

4)腰と壁の間に手を滑り込ませます

これで掌一枚分程度の隙間があれば良い姿勢で可能性が高いと言われています。

(※個人差があるのでご注意ください)

 

この姿勢チェックはネットをみるといくらでも出てくるくらい有名な物です。

それとは別の物を少しご紹介していきます。

1)仰向けになって足を伸ばすと膝裏がベッドや床から浮いている

2)仰向けで膝裏をベッドや床につけようとすると腰が反ってしまう

3)うつ伏せで膝を曲げ踵をお尻につけようとすると、足の付け根(股関節)の前が浮いてしまう

4)うつ伏せで膝を曲げ踵をお尻につけようとしても、膝の前がつっぱりつかない

1)と2)は実は同じ現象です。

3)と4)も同じ現象ですね。頑張り屋さんとそうでない場合で違く見えるので注意が必要です。

それぞれの物は人の手を借りて足を動かしてもらうとなおわかりやすいと思います。

これらのチェックに引っかかった人は腰痛の原因になりやすい悪い姿勢が定着している可能性が高いので要注意です!

 

【悪い姿勢は膝や股関節からやってくる?】

これらのチェックに引っかかる方は、膝が伸びない、もしくは股関節が伸びなくなっています。

そのために腰が反ってしまっている状態です。

腰の反りや丸みは腰や膝から来ている場合が非常に多いとわかってきています。

腰痛は膝が原因であったり股関節が原因であったりするというわけです。

専門的にはKnee-spine syndrome Hip-spine syndromeなどと言います。

 

難しい話にも聞こえますが、高齢の方の姿勢を思い出してみてください。

膝が曲がり股関節が伸びていない。

そして腰が曲がっているか、腰が反っている。

なのに共通して背中が丸い…

股関節や膝が伸びている人をみて、あの人は腰痛持ちだと思うことはないはずです。

姿勢とは体幹部分だけでなく膝や股関節も非常に重要な部分になっています。

貴方は姿勢改善のための治療では膝や股関節(当然足首も)しっかりと治療されていますか?

※姿勢矯正にマッサージ・整体・筋膜リリースに加え体幹部分のトレーニングが必要な場合もあります。

 

 

世田谷区はる整骨院・整体院では腰痛を根本解決するために姿勢矯正に力を入れています。

今は腰痛がなくとも将来のために姿勢を治したいという方も大歓迎です。

豪徳寺駅から歩いてすぐです。

経堂駅・梅ヶ丘駅や世田谷線の山下駅からもアクセスが便利です。

交通事故治療
産後骨盤矯正 / 産後ケアコース

すべて見る

TOP